ネットワーキング What I lack now

土曜日の午後には書道塾の先輩が主宰しておられる会の展覧会に行ってきました。会場はなんと(!)大本山随心院という小野小町に所縁の深いお寺さんでした。

さてその書道塾ですが、私は何十年も通っていながら、今交流のあるのは、先生の娘さんやお孫さんたちだけで、この先輩と言う人が唯一連絡先を持っている人です。

折角、京都やその近辺だけでなくて、日本の各所に支部のある大きな組織に所属していたのに、私はその場で人とのネットワーキング作りをしていませんでした・・・というより、私はお弟子仲間では最年少で、他の人たちからは単に、「あの子は若くて先生のお気に入り」という目(好意的な目とそうでない目の両方)で見られているだけの存在で、皆は私を知っているけれども、私は好意的な人たちのそのまたごく一部の人たちしかお名前さえ存じ上げていないのでした。

今、色んな地方の立派な先生方と交流があったら良かったのに、と思います。そうしたら、書に興味のある京都以外の人たちにだっていい先生を紹介出来たのに・・・!

<このサイトのホームへ。>

Last Saturday afternoon, I visited an exhibition of a calligraphy school presided over by one of the senior students at the school I belonged to for decades.

A grand shrine called Daihonzan Zuishin’in (in Japanese) which is deeply connected with Ono no Komachi was chosen as its venue to the visitors’ pleasant surprise!

In spite of the long period of my learning at the school with many branches not only in and around Kyoto but various regions in Japan, interactions with daughters and granddaughters of my teacher and his wife are almost only regular relations I have now from belonging to this large organization. As I hadn’t done any network-building among the other students, or rather, as I was was the youngest student and only regarded by other elder students as “the youngest and teacher’s pet” both amiably and maliciously, this “senior student” is the only person whose contact information I possess at present. How I wish I had interactions with other good teachers in various parts of Japan, so as to introduce them to the people interested in learning calligraphy and living in distant places!

表具屋さんの楽しみ It’s their job, anyway…but

ある方とお話ししていて思い出したのが、私の先生の会の展覧会を請け負った表具屋さんが、「この会の生徒さんたちの作品は個性が溢れていて仕事をしていて面白い。他の会の作品は、どれも先生の字と同じような字で、同じような調子の作品ばかりだ」と言うてはったと聞いたことです。

そのときの会話の主題とは、お稽古ごとではいい先生を選ぶことがどんなに重要か、ということでしたが。
写真は2009年初めの個展で冷ややかな目で見られていた作品、「あなたがここにいて欲しい」。

<このサイトのホームへ。>

A conversation with someone the other day reminded me that I had heard the paperhangers were very happy to do the jobs for the exhibitions of my teacher’s school, saying “Because the works of the students of this school have various, different characters, it’s very interesting to do our jobs. While, the works of the other teachers’ schools are not much different from their teachers’ works, same kind of writing of the letters, same kind of tones of works…”
What we were talking at that time was how essential it is to find a good teacher when you want to learn something.
The photograph shows one of my works that was gathering rather unfavorable, cold stares at my exhibition at the beginning of 2009, “Wish you were here”.

稽古日でした Practice session

3週間ぶりだけれども、ずいぶんと久しぶり感があって、稽古場として借りている会議室まで懐かしい感じでした。

<このサイトのホームへ。>

We had a practice session for the first time in three weeks and had some kind of nostalgic feelings even toward the small conference room rented for our practice sessions.

難しいのに・・・ Something so challenging

画像

同じ字の連続。

私には、難しい、ということ。

臨書しようにも難しい。

<このサイトのホームへ。>

Writing same characters repeatedly.

It is just for me that it is too difficult.

The photo shows what difficulty I had when practicing copying my teacher’s work.

湧書会10月と11月の稽古日 Yushokai schedules in October and November

画像

10月と11月の湧書会の稽古日などを下に記します。

10月:3日、10日、17日

11月:7日、14日、21日(いずれも水曜日)

会場:京都教育文化センター( http://www2.odn.ne.jp/kyobun/ ) 303会議室

時間:午後6時から(7時ぐらいまでにはおいでください)

お道具は用意いたしますが、参加費として1000円を申し受けたくよろしくお願いいたします。

稽古の内容としましては、単発でお稽古してもらえる課題を準備しています。また、ちょっと体験してみたい、と思われる方には、そのような課題も用意しています。

いずれの稽古日にでもお気軽においでください。ただ、お道具の数に限りがありますので、行ってやろうか・・・と思われる方は出来るだけ事前にご連絡をお願い申し上げます。

南知子

<このサイトのホームへ。>

***********

Please find below the Yushokai practice session schedules in October and November.

*Date: October 3, 10, 17 November 7, 14, 21 (Wednesdays)

*Time:6:00 – 8:00 p.m. (Feel free to come in by 7 p.m.)

*Place:Room 303, Kyoto Kyoiku Bunka Center

http://www2.odn.ne.jp/kyobun/

*First five people to apply will be welcome each time.

*You can use the calligraphy utensils such as brushes, ink sticks, inkstones, papers and others provided by Yushokai at the venue.

*Fee:1000 yen per session

*If you are interested and want to join us, please let us know beforehand.

Thank you.

Tomoko Minami

秋の詩 Autumn poem

画像

秋を題材にしたやわらかな短歌を見つけたので、ふと書いてみました。やわらかな感じは出たと思いますが、こんな分かりにくいのは手本にはならないよね。やり直そうっと。

<このサイトのホームへ。>

I was happy to find a tanka poem about autumn with a velvety note and used it as a material. I got even happier to see I was somewhat successful to express its mellowness. However, I am afraid it would not make a good model for beginners, because of its obscurity. I think I should make another try for Yushokai participants.

稽古日でした Practice session

画像

前にも書きましたが、仮名の稽古って参加者からの評判が良くないんですよね。私は好きだけど。

不評の訳を考えたのですが、当然子供たちはひらがなを覚えてから漢字を勉強するので、漢字の方が難しい、という気がするのですが(形の複雑さを思えば確かにそうだけど)、実は、仮名文字って筆でちゃんと書こうとすると難しいんですね。とりわけ若い参加者を見ていると、活字の、しかもゴシック体的な字姿に囚われている場合って結構あるようです。

<このサイトのホームへ。>

I’d like to write here again that the participants at Yushokai generally don’t like practicing kana characters very much. I myself enjoy writing kana works.

And I wondered why others don’t seem to do it willingly. Japanese children usually start learning kanji (Chinese characters) after mastering how to read and write kana characters, which makes people tend to think kanji are more difficult, and that is quite true in terms of complexity in shape. However, trying to write kana properly using a brush skillfully can be more difficult than in case of writing kanji works, which, I think, sometimes make people hate practicing kana. When I observe the participants at Yushokai, I often find young people preoccupied with the idea that the figures of printed letters, especially those of gothic typeface are “good letters”, which, of course, isn’t true in regard to the old style of calligraphy. That, I think, can cause some young people less motivated and confident when writing kana characters.

108回目 Happy birthday!

ruby

 

おととい、友人が出品していた絵画展に行ってきました。

そこで、「興味」という物の持つ力について考えたのでした。

湧書会に来てくれる人にも、「経験ない」と言いながらも、すぐに本当にいい線(互いに響き合い、素敵な世界を造り上げるようないい線)を産み出して、実に好ましい作品を創る人がいます。そんな素敵な作品を見ていると、何十年もかかってようやくここまで来ている自分のその何十年という年月は何だったんだろう・・・? と、ちょっと虚しいような気分にさえなります。

そういう人たちは、元々書に興味があるけれども、お道具を買って、定期的にお稽古に通うことを考えると、躊躇してしまう、ということだと思います。私は、そんな人たちにも、一回だけでもいいから、墨を磨って筆を持って、思うままにご自分の宇宙を表現していただきたいと思うのです。

今日、私の先生の108回目のお誕生日に考えたことでした。

<このサイトのホームへ。>

The day before yesterday, I went to a painting exhibition where I thought about the “power” people’s interest can produce, though my purpose of going there was only to see my friend’s works.

Some participants at Yushokai sessions create marvelous pieces after practicing only briefly, saying it is their first time doing that. Those works are made up with attractive lines, that is, reverberant lines assembled to bring forth a really favorable impression.

Looking at those excellent works sometimes makes me feel hollowed out, recalling the decades of years needed for me to be as good as I am today.

Those people who successfully created good works the moment they began, I am positive, have held a pretty strong interest in Japanese calligraphy for long, but yet, they couldn’t dare to take it up, thinking about having to buy various utensils and couldn’t be really sure about attending a school regularly.

My wish is to provide a chance for those people to actually try grinding an inkstick on an inkstone and using a brush and eventually to express their own universe on a sheet of paper even for once.

This is what I thought about today, my teacher’s 108th birthday.

臨書 Copying my teacher’s work

 

尊い人間のお互いのふれ合いを生かそう

<このサイトのホームへ。>

Let us maximize our mutual communication as venerable human beings.

稽古日でした Practice session

Image

今月の2回の稽古のために用意したネタのどちらを練習してもらうのか、結構直前まで考えていました。別にどちらが先でも良かったんですけど。

<このサイトのホームへ。>

I had been thinking which to choose from the two sets of materials I prepared for the sessions of this month till just before today’s session began. There would be no major difference anyway, though.

湧書会9月と10月の稽古日 Yushokai schedules in September and October

画像

9月と10月の湧書会の稽古日などを下に記します。

9月:5日、12日

10月:3日、10日、17日(いずれも水曜日)

会場:京都教育文化センター( http://www2.odn.ne.jp/kyobun/ ) 303会議室

時間:午後6時から(7時ぐらいまでにはおいでください)

お道具は用意いたしますが、参加費として1000円を申し受けたくよろしくお願いいたします。

稽古の内容としましては、単発でお稽古してもらえる課題を準備しています。また、ちょっと体験してみたい、と思われる方には、そのような課題も用意しています。

いずれの稽古日にでもお気軽においでください。ただ、お道具の数に限りがありますので、行ってやろうか・・・と思われる方は出来るだけ事前にご連絡をお願い申し上げます。

南知子

<このサイトのホームへ。>

***********

Please find below the Yushokai practice session schedules in September and October.

*Date: September 5, 12 October 3, 10, 17 (Wednesdays)

*Time:6:00 – 8:00 p.m. (Feel free to come in by 7 p.m.)

*Place:Room 303, Kyoto Kyoiku Bunka Center

http://www2.odn.ne.jp/kyobun/

*First five people to apply will be welcome each time.

*You can use the calligraphy utensils such as brushes, ink sticks, inkstones, papers and others provided by Yushokai at the venue.

*Fee:1000 yen per session

*If you are interested and want to join us, please let us know beforehand.

Thank you.

Tomoko Minami

洞察力 How deep is your penetration?

In various situations in my life, I remember about the wife of my calligraphy teacher, the lady I have always admired.

I was certain that I was playing the role of “their adorable granddaughter” perfectly at my teacher’s school.
“Don’t waste your time resenting the stupid. Use your time conversing with respectable people and reading good books.”
How astonished I was when I heard these words popping out of her mouth with no preambles at all.

<To the homepage of this website.>

様々の場面で思い出すのは、私の憧れの女性、我が書の師の奥さま。

私は先生の寺子屋で、お二人の「可愛い孫娘」役を完璧に演じているつもりでいました。
「アホ相手に怒ってたらアカン。時間がもったいない。そんなことしている間にちゃんとした人と話したり、いい本を読んだりしなさい」
何の前置きもなく言われた時の驚きが忘れられません。

<このサイトのホームへ。>