〜Pleasure, confidence and gratitude あのときの決意〜

I regret I had almost forgotten about this one, which I wrote to raise awareness in myself when I realized I finally had become the only one in my house.

.

いよいよこの家に残されたたった人間になったと思ったときに、自分自身の自覚を促すために書いたはずなのに、殆ど忘れ去っていました。

.

<To the homepage of this website>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA