〜Most pleasant aroma  梅雨の中でも〜

This is a modern haiku about the pleasant aroma of the (sumi) ink drifting in the air even in the rainy season.  I am aware that these days more and more people use something synthesized ink-like liquid.  I remember my teacher called it “dead ink” and told his students never to use this “dead ink” because “living calligraphy” would never be produced with “dead ink”.
.
梅雨の中でも、墨のいい香りが漂うという内容の現代俳句。近頃では、合成された墨のようなものを使う人が増えていると聞きます。思い出すのは、先生はそれを『死んだ墨』と言って、『死んだ墨では生きた字は書けないから、死んだ墨を使ってはいけない』とおっしゃっていたことです。
.
In the rainy season/
I give the desk wearing sumi (inkstick) aroma
A wipe/
Calligraphy and translation by Chio
 
<To the homepage of this website>

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です