〜 Seeing through the essence 憧れの女性 その2〜

Yesterday I wrote that my first calligraphy teacher’s wife has always been my admiration. And the reason is she had this extraordinarily keen insight to people’s essence.

I practiced copying the calligraphy she left, hoping to obtain the same kind of touch as hers.

.

昨日、初めの書の師の奥さまが私の生涯通しての憧れの女性だと書きましたが、それは人の本質を見抜く類稀な洞察力をお持ちだったからです。

.

同じような作風を身に付けたくて、お稽古してみました。

.

<To the homepage of this website>

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です