〜 Seeing through the essence 憧れの女性 その2〜

Yesterday I wrote that my first calligraphy teacher’s wife has always been my admiration. And the reason is she had this extraordinarily keen insight to people’s essence.

I practiced copying the calligraphy she left, hoping to obtain the same kind of touch as hers.

.

昨日、初めの書の師の奥さまが私の生涯通しての憧れの女性だと書きましたが、それは人の本質を見抜く類稀な洞察力をお持ちだったからです。

.

同じような作風を身に付けたくて、お稽古してみました。

.

<To the homepage of this website>

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。