The other day, I enjoyed visiting an exhibition of a calligraphy group specializes in kana characters, or Japanese phonogram.  This style of calligraphy has a long history and many fans even today.

.

Firstly, the scene of many pieces with a same kind of touch was “new” to me.  For, my teachers and fellow students quite naturally do both “kana” and “kanji” or Chinese characters calligraphy.

.

However, I didn’t feel any monotonousness in the negative sense.

.

Quite the contrary, the venue itself looked like one big piece of kana calligraphy art, with its refined, elegant atmosphere.

.

One more thing that I have noticed there was the sincere effort to be good from both the teacher’s side and the students’ side.

.

Now, I am looking forward to seeing the next exhibition of this group.

.

<To the homepage of this website.>

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。