Snail’s horn 達観

This is a passage from a poem by Bai Juyi.  I learned it roughly meant what the use of fighting in a narrow space like a tip of a snail’s horn was.  It must be the best, of course, if you get that kind of detachment.

Incidentally, I did this one with my left hand.

https://www.facebook.com/Calligapher.Chio/

<To the homepageof this website.>

白居易の詩の一節です。カタツムリの角の先のような狭いところで争ってどうするんだ? というような意味らしいですが、そんなに達観できればそれはいいですけどね。

ついでながら、左手で書きました。

https://www.facebook.com/Calligapher.Chio/

<このサイトのホームへ。>

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。