Policy change 方針転換

標準

I was fortunate enough to practice calligraphy under a very distinguished calligrapher since early childhood.  However, as this “About me” sectionshows I have seldom specified his name.

As you are certainly aware, Japan has entered into a new era, I decided to change this policy.

By this, I mean so far I have been feeling too embarrassed to unveil the name of the teacher who enjoyed great fame as a calligrapher all through his life, and fully realizing my own inferiority as his disciple.

Now, as more than twenty years have passed since my teacher the late Akiyama Kodo (秋山公道)has passed away, I began to feel it is wasteful only to enjoy the wonderful works he kindly gave me for myself.

Certainly I displayed a few of them at the five exhibitions both solo- and group-exhibitions I ever held.  However, I began to think this is not enough and I must extensively show his remarkable pieces of calligraphic art.

And here is the first one I would like to show.  It is a Chinese character from my name.  When he wrote one letter from the name of each of his granddaughter, he kindly did the same thing for me because he treated me as one of his granddaughters.

https://www.facebook.com/Calligapher.Chio/

<To the homepageof this website.>

私は幼い頃から高名な書家に師事したのですが、この『自己紹介』にありますように、これまではその師のお名前は書いておりませんでした。

けれども、日本では元号も変わり新しい時代を迎えたのを機に、私も方針を変えようと思い立ちました。

というのは、これまでは、先生が偉すぎて自分が不肖の弟子過ぎて、恥ずかしくて大っぴらに言えなかったのですが、私の初めの師・秋山公道師が亡くなって20年以上が経ち、いただいたお作品の数々も、これまで開いた5回の個展やグループ展で少しずつご紹介しましたが、そのような紹介の仕方ではもったいないと思うようになったからです。

孫娘のように可愛がってくださったので、お作品をたくさんいただきましたし、少しずつでもご紹介したいと思います。

と言うわけで、まずは、お孫さんたちのお名前の文字を書かれた際に私の名前の字もこのように書いてくださいましたので、ここに載せたいと思います。

https://www.facebook.com/Calligapher.Chio/

<このサイトのホームへ。>

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中