Which do you prefer? 長鋒で書いたのと普通の筆を使ったのと

標準

Both have same motif, a tanka poem <https://en.wikipedia.org/wiki/Tanka> with a dash of grotesqueness by Chūya Nakahara. < https://en.wikipedia.org/wiki/Chūya_Nakahara

>

For the yellow paper, I used a brush with a batch of longer tissues than normal ones, while for the white paper, I used a normal type of brush.

As you may be aware, it is difficult to handle a brush with long hair skillfully. But if you succeed, it can create interesting lines, and I like using those brushes.

 

When I open my eyes on a winter night/

I fancy an apparition of a girl with silver eyes/

Stands in the darkness/

Translation and calligraphy by Tomoko

<To the homepage of this website.>

ちょっと怪奇趣味の中原中也の短歌です。黄色い紙のは長鋒で、白い方は一般的な長さの筆を使いました。

長鋒を使いこなすのはとても難しいですが、うまくすると面白い線が書けるから好きです。

<このサイトのホームへ。>

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中