夢の話 Fantastical poem

標準

3.31

他人の夢の話ってつまらないと言いますよね。

唐の時代の幻想的な詩を書いた人の夢についての詩を書いてみました。先日の相撲甚句と同様に、完成度を上げて7月末の書展で飾りたいと思うのですが、どうやったらその完成度が上がるのかな?

<このサイトのホームへ。>

People often say stories of someone else’s dreams are just boring, don’t they?

Today I chose a poem about a dream by a poet from the late Tang Dynasty who wrote many fantastical poems. I am hoping to raise its perfection level and display it at the exhibition planned at the end of July, as well as the one with a passage from a song sung at sumo events. However, unfortunately I don’t have effectual ideas to do that.

<To the homepage of this website.>

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中