小物にも書、その3 Case for a Kleenex box

標準

1.22

発想が同じだというところが悲しい。先生の「生活に書の愉しみを」という理想はどうやったら実現できるのだろう。

<このサイトのホームへ。>

I regret every attempt comes from the same line of idea. I just wonder how I could realize my teacher’s ideal, “Pleasure of calligraphy in everyday life”?

<To the homepage of this website.>

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中