冬の鳥 Birdsong

標準

12.16

これは、うるさいほどの冬の雀を詠った詩だそうですが、母の故郷では、昔から「トンビが声高に囀りながら空高く舞い上がるとその日は晴れだ」という言い伝えがあります。

<このサイトのホームへ。>

This poem was, I learned, about the numerous noisy sparrows in the garden. In my mother’s hometown, people have had a tradition that goes “if a black kite flies up into the sky singing loudly, the day would be sunny.”

<To the homepage of this website.>

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中