<このサイトのホームへ。>

intro

京都生まれで、京都育ち。で、ずっと京都在住。太陽と月と水星と金星が双子座の徹底した双子座。

確か小学2年生ぐらいに近所で書を習い始めたところ、先生はたまたま大家でした。けれども、書が人生のナンバーワンになることはなく、五十年以上極めて薄く、細く続けて今日に。

その間に書展を4回開きました。まずは、2009年初めに個展を。それから2010年の初め頃から初心者の人たちに書に親しんでもらおうと湧書会を立ち上げ、その第1回展を2011年の7月に、第2回展を2013年6月に開き、2015年7月に第3回展を開きました。

今では、定期的な稽古はしていませんが、師の「暮らしの中に書の愉みを」という理想を少しでも世の中の人に広めたいと考え、このページとこのページを作る前の作品を主に取り上げている「作品いろいろ」を書いています。

ちなみに、「知櫻」という雅号は師が亡くなってかなり経ってから自分で付けました。先生はよく「雅号が欲しかったら、自分で好きな名前を付けなさい」とおっしゃっていました。それで、桜が好きで若くして亡くなった友人を偲んで桜の字を入れた雅号にしました。

知櫻の書に関してご要望、ご依頼などございましたら、下記のコメント欄にてお寄せください。よろしくお願い申し上げます。

<このサイトのホームへ。>

<このサイトのホームへ。>

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中