日別アーカイブ: 2018年5月20日

Mom’s favorite 夢の中

標準

My first calligraphy teacher who already departed many years back once appeared in my dream.

He corrected my work, saying “Oh, well, this is just about right, but…” as usual.

Then, to my surprise, colors of the pink lotus flowers and the blue water on the paper livened up.

The photo shows my recollection of the dream, which my mother became greatly favored with.

“Howling laugh” was something like his “trademark”.

<To the homepageof this website.>

既に故人となっている最初の書の師の夢を見たことがあります。

先生がいつものように、「アンタねえ、大体こういうんでいいんだけどね・・・」と言いながら直してくださっていると、私が字と一緒に描いたピンクの蓮の花や水の色がどんどんと鮮やかになっていきました。

それを思い出して、これを書いたら母がとても気に入ってくれました。

「大哄笑」は、師のトレードマークのようなものでした。

<このサイトのホームへ。>