色付き Feeling guilty

9.211 9.212

先日は墨だけで書きましたが、印象がちょっと淋しいような気がしましたので、顔料で模様を付けました。

実は、正直なところ、こんなことを私一人がやっていると、何かしら他の人に悪いことをしている気もします。百均のお店で買ったものでも、こうやって自分でアレンジして、それを自分の部屋で使ったりすると本当に楽しいものですから!

けれども考えてみると、確かに一つのことを50年以上続けた自分自身の努力もあるかとは思いますが、こうやっていろいろの素材に書いてみる、ということを示唆してくださった方と、それからもちろんこれを読んでくださる方々への感謝の念が静かに湧いてきます。もしもそういうことがなかったら、「暮らしの中に書の愉みを」という師の理想を実現したい、などとお題目を唱えているだけに終わっていましたから。

<このサイトのホームへ。>

When I only used normal black ink working on this the other day, I regretted its impression was too plain. So, this time I used some coloring materials to add floridness.

To tell the truth, I can’t help feeling vaguely guilty when I do something like this only by myself, for even items you get at a hundred-yen shop will entertain you so much after you add some kind of touch to them and use them in your room!

However, it is certainly true that I myself made some effort to continue doing one thing more than 50 years, still, I feel a quiet sense of gratitude welling up in myself to someone who suggested writing on various materials, and of course to those who read my blogs as well. Without any one of them, I would only end up just repeating a pretext that I want to realize my teacher’s ideal of “Pleasure of calligraphy in daily life!”.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。