それでも諦められなくて Another trial

標準

9.4

何かしら暴走族が喜びそうな書体になってしまって、ちょっとショックだった「布に書く」作業ですが、夏用のストール2枚に書いたら、これは何とか気に入るように出来ました。今の先生とか諸先輩が、ご自分のお着物や帯などに字を書いておられるのを見ていつもすごいなと感心し、そんなこと自分には到底出来ないと思っていましたが、やってみたらそれなりに出来そうな気がしてきました。

<このサイトのホームへ。>

My “quest” of creating good works on cloth on my last trial was something of a disappointment because it turned out to be a style that bike gangs would like. This time I did it on a couple of stoles for summer season and it tolerably worked. I have always admired my present teacher and other seniors writing on their kimono and obi and thought I would never be able to do the same. However, now I am beginning to feel I would be reasonably successful if I tried seriously.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中