紅花榮 Bloom in abundance

標準

5,27

二十四節気を更に細かく分けて、七十二候がある、ということから昔の人の季節の移ろいへのこだわりが感じられます。

これはだいたい5月26日から30日に相当し、季節としては初夏だそうです。

<このサイトのホームへ。>

Although dividing a year into 24 periods may seem to be detailed enough, each solar term is further divided into three parts of about five days each. It clearly shows, I think, how closely the people in the past observed and prized the changes of seasons.

The phrase literally means crimson flowers being abundantly in bloom and it is allocated to the period from May 26 to 30 approximately in the season of early summer.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中