破顔一笑 Breaking into a broad smile

6.7

何かしら心ひかれる四字熟語でよく書きます。でも、先生のはやはりひと味違います。ということで、これは臨書なんです。

<このサイトのホームへ。>

Somehow this phrase has fascinated me, and I have practiced it many times. However, my teacher’s work is distinctively appealing. Now, this is not my original, but copying.

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA