月別アーカイブ: 3月 2013

流行りの・・・ It’s in now…

標準

3.31 3,31

料理を可愛く作るのが流行りらしいですから、ちょっとぐらい真似してみようと思いました。不器用だからダメですけどさあ。

<このサイトのホームへ。>

They say it is trendy to “cook cute”, which I thought I might as well try. I am too clumsy for something of this sort, though.

 

Knife sinks/

Into the sponge cake/

Easter day/

Translation and calligraphy by Tomoko

交友投分切磨 Developing through friendly competition

標準

3.29 3,29

仕事をしていたときに手に入れたのは、切磋琢磨する若い人たちの姿を見る、という特権です。

<このサイトのホームへ。>

The greatest luck I obtained through my previous job is getting to see young and aspiring people trying to improve by learning from and together with their friends.

天秤座の満月 Full Moon in Libra

標準

3.27

頑張らないとな・・・ということです。

<このサイトのホームへ。>

I think I must try hard.

“Love. Joy. Kids. And creative activity.”

A passage from Ms. Yukari Ishii’s horoscope reading for the Gemini’s regarding the Full Moon on March 27, 2013.

湧書会4月と5月の稽古日 Yushokai schedules in April and May

標準

3.25

4月と5月の湧書会の稽古日などを下に記します。

4月:3日、10日、17日

5月:8日、15日(いずれも水曜日)

会場:京都教育文化センター( http://www2.odn.ne.jp/kyobun/ ) 303会議室

時間:午後6時から(7時ぐらいまでにはおいでください)

お道具は用意いたしますが、参加費として1000円を申し受けたくよろしくお願いいたします。

稽古の内容としましては、単発でもお稽古してもらえる課題を準備しています。また、ちょっと体験してみたい、と思われる方には、そのような課題も用意しています。

いずれの稽古日にでもお気軽においでください。ただ、お道具の数に限りがありますので、行ってみようか・・・と思われる方は出来るだけ事前にご連絡をお願い申し上げます。

南知子

yushokai AT japanese-art.biz

AT を @ に置き換えてください。

<このサイトのホームへ。>

***********

Please find below the Yushokai practice session schedules in April and May.

*Date:  April 3, 10, 17  May 8, 15 (Wednesdays)

*Time:6:00 – 8:00 p.m. (Feel free to come in by 7 p.m.)

*Place:Room 303, Kyoto Kyoiku Bunka Center

http://www2.odn.ne.jp/kyobun/

*First five people to apply will be welcome each time.

*You can use the calligraphy utensils such as brushes, ink sticks, inkstones, papers and others provided by Yushokai at the venue.

*Fee:1000 yen per session

*If you are interested and want to join us, please let us know beforehand.

Thank you.

Tomoko Minami

yushokai AT japanese-art.biz

Please replace AT with @.

悲しみのアンジー Angie

標準

3.19

明日は春分の日、つまり占星術的には1年の初めですが、今日のこの「大晦日」に当たって思うのは、2012年はローリングストーンズ50周年の年だったことで、思い出すのは高校生の頃ストーンズの曲の歌詞を訳したりしていたことです。あんまり上手に訳せるので、当時は自分が天才じゃないのかと思ってましたけどね。

<このサイトのホームへ。>

Tomorrow is the Vernal Equinox Day, the start of the new year from the astrological view. At the end, what I recall about the year 2012 is it was the 50th anniversary of The Rolling Stones. Now I am remembering my high school days when I would enjoy translating their lyrics. I was almost certain that I was a prodigy because of my impeccable performance.

友 Friends

標準

3.17

大事なものです。たくさんの友人がいて幸せだなと思います。人生の色んな場面からのね。人生長いし、既に。

<このサイトのホームへ。>

Most important and valuable in my life. I think I am truly fortunate to be blessed with so many good friends from various phases of life. Looking back at my life, I can’t help but notice mine is already a long one.

切れっ端でも Immediate handling

標準

3.15

実はおとといの稽古では、前日に急に仮名をたくさん練習してもらおうと思い立ちましたので、急遽その準備をしたのですが、その前の自分のウオーミングアップとしてその辺りにあった紙の切れっ端に臨書してみました。これでも気持ちと筆の準備になります。

<このサイトのホームへ。>

As a matter of fact, for our practice session the day before yesterday, I changed my mind a little on the previous day, and decided to ask the participants to practice kana a lot. And in the hasty preparation, as warm-up exercise for myself, I did some copying practice on small pieces of paper I found close by. Only this, in fact, helped urge preparation both mentally and technically.

稽古日でした Practice session

標準

3.13

幽か、という字は幽霊の幽なんですよね。書き順もちょっと悩むし。

<このサイトのホームへ。>

A Chinese character representing faint or faintly or dimly also appears in the words for “ghost” and “apparition”. And what is more (or worse?), it is rather difficult to guess the stroke order unless you are familiar with the letter.

魚座の新月 New Moon in Pisces

標準

3.12

占いを読む、というよりも、こうだったらいいな、という今の私の希望がそのまま書いてある、という感じでした。

<このサイトのホームへ。>

When I read the article, I thought it represented my present wish rather than a fortunetelling.

“In the weeks to come, even those who have repeatedly had frustrations will be realizing that those frustrations were merely mistaken notions.”

(A passage from Ms. Yukari Ishii’s astrological view for the Gemini’s about the Full Moon on March 12, 2013: Translation and calligraphy by Tomoko)

趣味と現実 What you are expected to do

標準

3.10

私の書の先生はお手本を目の前で書いてくださっていましたが、ある日「手本はそれぞれの人に合わせて書いているのだ」というようなことを言わはりました。私はそのとき、何を言うてはるのか分かりませんでした。「お手本なんだから、上手やったらいいのでは・・・?」と思っただけでした。今自分が手本を書く立場になると、例えばこんな自分の趣味だけに走っているようなものは参考にしてもらえないと分かりました。

<このサイトのホームへ。>

My calligraphy teacher never failed to write models being watched by his students. One day, when he was writing a model work he said something like he always tried to make the models to fit each student. At that time I had no idea what he really meant. And I said to myself, “A model work only has to be GOOD.” At present, as I am the one supposed to give the Yushokai participants model (or just “sample”) works, I am well aware if I only stick to my taste like the one shown in the photo, it wouldn’t be useful for the participants.

肅然思天地 Something to aspire to

標準

3.8

気持ちを引き締め、静かな心で天地のことに思いを馳せる、という意味だそうですが、そんなこと出来るようになるかな?

<このサイトのホームへ。>

The phrase means to calmly contemplate all things in the universe, bracing yourself. I just wonder if that would ever be possible for me to do.

稽古日でした Practice session

標準

3.6

日常見ている字姿からかけ離れたものもあるせいか、草書体の字はずいぶんと嫌われるのですが、少しずつ練習しましょうよ、ということで。

<このサイトのホームへ。>

Maybe because the forms of the cursive style letters are sometimes quite different from the ones you see in everyday life, Yushokai participants usually don’t like to practice them. But I would like to take them in little by little.

ひな祭り Colorful festivity

標準

3.2

何とはなしに心がうきうきするイベントですよね。
私は、旧暦にもお祝いする気でいますが。

<このサイトのホームへ。>

Dolls’ Festival never fails to make you feel bouncy. Of course, I will cerebrate the festival again on the March third according to the old calendar.

Beautiful colors/

Getting together/

To celebrate the festival of the dolls/

Translation and calligraphy by Tomoko