子供たちの作品と均一価格 Kitano-Tenman-gu

標準

1.25

1,25

北野天満宮の年の初めの縁日なのでちょっと見てきました。
奉納されている沢山の子供たちの書作品を見ると、とにかくみんながいい先生についてお稽古していればいい、と思いました、彼らの先輩として。
また、数も種類も沢山の露店では、何故かほとんどの品物の値段が500円とか1,000円均一だったのが面白かったです。
梅の花が見頃になる頃にまた来たいです。

Since it was the first fair day of the year at the Shrine, I went to see the festivity. 
When I found many displayed works of calligraphy by children dedicated to the Shrine, I couldn’t help wishing they are taking lessons from GOOD teachers as their senior. And I found it rather intriguing that most of the goods are sold at flat rates like 500 yen or 1,000 yen at various kinds of street stalls lined up on the approaches. I would like to come back when the vast number of Japanese apricot trees which the Shrine is famous for are in full bloom.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中