よそ行き Holiday attire

標準

1.11

去年表具屋さんに預けておいた子たちが帰ってきました。大家と言われる先生が可愛がってくれて教えてくれて、友人が貴重なアイデアをくれて(紙に麻布を重ね、更に裏から色を入れる:この場合は同じ字の草書体にしましたが)、表具屋さんがいい仕事をしてくれると、結果はこんな感じ。
それはいいのですが、問題は、さて綺麗にしてどこに行くか、ですね。

<このサイトのホームへ。>

I got my works back from the paper hanger I entrusted them to last year. Here, you see a remarkable consequence of the three good lucks combined: 1) deep love and teaching from a calligraphy master 2) a brilliant idea from a friend (pasting a small piece of a linen on the paper plus putting some color on the back side, in this case I wrote a cursive style of the same letter using colorant) and 3) a good work by the paper hanger. 
The next thing to do is to think and decide where to go all decked out like this.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中