女の情念 Woman in love

俵万智さんの短歌からよく書かせてもらいます。
湧書会のお稽古では、草書体の漢字でも違和感満載の顔をしはりますので変体仮名とかとんでもない、という感じです。それで、現代の俳句や短歌を題材にすることが多いです。

<このサイトのホームへ。>

I sometimes choose materials for practicing from Ms. Machi Tawara’s works. Since the Yushokai participants often look uneasy practicing kanji or Chinese characters in cursive style, obsolete kana letters 
would be totally unacceptable. As a result, we tend to choose contemporary haiku 

and tanka 
as materials for our practice sessions.

Waking up at dawn/

From a nightmare, stabbed/

Voice is heard in my mind/

Keep on writhing in agony even more/

Calligraphy and translation by Tomoko

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA