本物の力 Happy Birthday!

標準

昨日の午後にはウチからあまり遠くないところにある古代ギリシア、ローマの美術品などを主に展示されている個人の美術館に行ってきました。この美術館の紹介はこちらにあります。

裕福な地区の中の豪邸の一部が美術館になっていて、その当主ご夫妻が蒐集されたコレクションを一般に公開されているのですが、何より素晴らしい! と思ったのは、総ての展示物が、専門家の鑑定を経た本物だ、ということで(たった一点、ミロのビーナス像のレプリカがありますが、これ以外は全部本物!)、展示品の質量ともに素晴らしいものです。
古代ギリシャや古代ローマの遺跡から出土された陶器や青銅器の大小さまざまな器や、また像や石棺や建造物の一部などが、4階建てのお金持ちのお家に実にさりげなく、でも、よく工夫された展示の仕方で置かれているのです。
まず、これこそ、本当の裕福でいい家柄の人たちのするべきことだと感じました。つまり、その富と家柄の良さから生じる教養の高さや社会における力などの一般への還元・貢献の仕方だ、と思ったのです。
それから、学生時代に辞書を引き、引きジョン・キーツの「ギリシャの古壷のオード」なんかを読んだなあと、思い出しました。当時は、「ふ〜ん」ぐらいにしか思えなかったのですが、こうやって、美しく、時空を超えて今眼前にある壷を見ると、その本物の力が圧倒的で、なるほど才能に恵まれた人はこれに触発されて創作活動に向かうのだ、と解りました。
そして次に思い出したのは、書の先生のご長女のことばでした。先生の逝去後かなり経ってから、このご長女に3年間ほど師事したことがあり、私はずっとそのまま先生の娘さんに習い続ける、という幸福の中に浸っていたかったのですが、あるとき彼女から、「貴女はもうこの稽古場には来なくていい」と言われてしまいました。そして続けておっしゃったのは、「貴女はここでお稽古しているよりも、自分で何かをやりなさい。それから、『美しい物』を観るようにしなさい、遅過ぎないうちに」ということでした。
また、「貴女はまず個展を開きなさい。親が生きているうちに」と言って、私に2009年初めの個展開催を促してくださったのも彼女でした。
そして今日は、その彼女のお誕生日です。天秤座の彼女は美人です!

<このサイトのホームへ。>

Yesterday afternoon, I went to a private museum located not very far from my house, which is mainly specialized in various unearthed articles from ancient Greece and Rome. This article introduces the museum.

A part of a mansion in an affluent neighborhood is built as a museum displaying the collection by the family head couple. What is most extraordinary about it, I thought, was all the displayed items are genuine with appraisements by specialists. Actually, only one item, a statue of the Venus de Milo is a replica, but except that, all items, namely, various vessels of pottery and bronze in all sizes, statues, stone caskets, parts of ancient buildings that are displayed pretty simply and casually, but in a very elaborate manner, there in the four-storied house of a wealthy family are all authentic.
Seeing all these beautiful items, firstly I thought that this is what must be performed for the benefit of general public by well-off people from good families blessed with high education and culture and powers in society.
The next thing that came to my mind was “Ode on Grecian Urn” by John Keats I read when I was a college student repeatedly checking dictionaries. But at that time, all I thought was “… So what? …” Now, with amazing articles that journeyed beyond time and space right in front of myself, I finally understood that gifted people would turn to creative works inspired by the genuine powerfulness.
Lastly, I remembered about the eldest daughter of my calligraphy teacher and her words. Sometime after my teacher passed away, I practiced with his eldest daughter for about three years. I definitely wanted to be immersed in this easy happiness of practicing under my teacher’s daughter forever, however, one day she declared that I should stop coming and practicing in her school. And she went on to say, “You must do something by yourself instead of practicing here with me. And you should try to see as many beautiful things as possible, before it is too late.”
Also, it was she that urged me to hold a personal exhibition at the beginning of 2009, saying, “You should first have an exhibition, while your parents are still alive.”
And today is her birthday. As a Libra, she is a beautiful lady!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中