今年もご挨拶 Greetings, again

greeting

京都の有名なお寺に、今年も先生の大きな(サイズ・内容の濃さともに)書にご挨拶してきました。
当然のように、変わらず圧倒的な迫力の書だと思いました。
でも、ねぇ・・・この頃は先生の夢を見ることも滅多に無いし、自分でやっときなさい、ということですかね、やっぱり。

<このサイトのホームへ。>

I went to see and greet a great (both in size and richness as a work of art) work by my teacher again to a major temple in Kyoto.
It was only too natural to be overwhelmed by its same vigorous impression as always. But … somehow or other, he seldom appears in my dreams these days, which means, maybe he wants me to be self-supported, I wonder.

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です