ネットワーキング What I lack now

標準

土曜日の午後には書道塾の先輩が主宰しておられる会の展覧会に行ってきました。会場はなんと(!)大本山随心院という小野小町に所縁の深いお寺さんでした。

さてその書道塾ですが、私は何十年も通っていながら、今交流のあるのは、先生の娘さんやお孫さんたちだけで、この先輩と言う人が唯一連絡先を持っている人です。

折角、京都やその近辺だけでなくて、日本の各所に支部のある大きな組織に所属していたのに、私はその場で人とのネットワーキング作りをしていませんでした・・・というより、私はお弟子仲間では最年少で、他の人たちからは単に、「あの子は若くて先生のお気に入り」という目(好意的な目とそうでない目の両方)で見られているだけの存在で、皆は私を知っているけれども、私は好意的な人たちのそのまたごく一部の人たちしかお名前さえ存じ上げていないのでした。

今、色んな地方の立派な先生方と交流があったら良かったのに、と思います。そうしたら、書に興味のある京都以外の人たちにだっていい先生を紹介出来たのに・・・!

<このサイトのホームへ。>

Last Saturday afternoon, I visited an exhibition of a calligraphy school presided over by one of the senior students at the school I belonged to for decades.

A grand shrine called Daihonzan Zuishin’in (in Japanese) which is deeply connected with Ono no Komachi was chosen as its venue to the visitors’ pleasant surprise!

In spite of the long period of my learning at the school with many branches not only in and around Kyoto but various regions in Japan, interactions with daughters and granddaughters of my teacher and his wife are almost only regular relations I have now from belonging to this large organization. As I hadn’t done any network-building among the other students, or rather, as I was was the youngest student and only regarded by other elder students as “the youngest and teacher’s pet” both amiably and maliciously, this “senior student” is the only person whose contact information I possess at present. How I wish I had interactions with other good teachers in various parts of Japan, so as to introduce them to the people interested in learning calligraphy and living in distant places!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中