表具屋さんの楽しみ It’s their job, anyway…but

標準

ある方とお話ししていて思い出したのが、私の先生の会の展覧会を請け負った表具屋さんが、「この会の生徒さんたちの作品は個性が溢れていて仕事をしていて面白い。他の会の作品は、どれも先生の字と同じような字で、同じような調子の作品ばかりだ」と言うてはったと聞いたことです。

そのときの会話の主題とは、お稽古ごとではいい先生を選ぶことがどんなに重要か、ということでしたが。
写真は2009年初めの個展で冷ややかな目で見られていた作品、「あなたがここにいて欲しい」。

<このサイトのホームへ。>

A conversation with someone the other day reminded me that I had heard the paperhangers were very happy to do the jobs for the exhibitions of my teacher’s school, saying “Because the works of the students of this school have various, different characters, it’s very interesting to do our jobs. While, the works of the other teachers’ schools are not much different from their teachers’ works, same kind of writing of the letters, same kind of tones of works…”
What we were talking at that time was how essential it is to find a good teacher when you want to learn something.
The photograph shows one of my works that was gathering rather unfavorable, cold stares at my exhibition at the beginning of 2009, “Wish you were here”.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中