月別アーカイブ: 10月 2012

牡牛座の満月(牡牛座4度) Full Moon in Taurus (4 deg Taurus)

標準

虹の端の黄金の壺
いい意味かな? と一瞬喜びましたが、調べてみると必ずしもそうでもないような・・・現実的でない夢を追いかけるイメージもあるみたい。

<このサイトのホームへ。>

Pot of gold at the end of the rainbow
Upon coming across this phrase, I was very glad to think it had good connotations, but after checking some information, I learned it could be associated with pursuing something unrealistic.

湧書会11月と12月の稽古日 Yushokai schedules in November and December

標準

11月と12月の湧書会の稽古日などを下に記します。
11月:7日、14日、21日
12月:5日、12日(いずれも水曜日)
会場:京都教育文化センター( http://www2.odn.ne.jp/kyobun/ ) 303会議室
時間:午後6時から(7時ぐらいまでにはおいでください)
お道具は用意いたしますが、参加費として1000円を申し受けたくよろしくお願いいたします。
稽古の内容としましては、単発でもお稽古してもらえる課題を準備しています。また、ちょっと体験してみたい、と思われる方には、そのような課題も用意しています。
いずれの稽古日にでもお気軽においでください。ただ、お道具の数に限りがありますので、行ってやろうか・・・と思われる方は出来るだけ事前にご連絡をお願い申し上げます。
南知子

<このサイトのホームへ。>

***********
Please find below the Yushokai practice session schedules in November and December.
*Date: November 7, 14, 21 December 5, 12 (Wednesdays)
*Time:6:00 – 8:00 p.m. (Feel free to come in by 7 p.m.)
*Place:Room 303, Kyoto Kyoiku Bunka Center
http://www2.odn.ne.jp/kyobun/
*First five people to apply will be welcome each time.
*You can use the calligraphy utensils such as brushes, ink sticks, inkstones, papers and others provided by Yushokai at the venue.
*Fee:1000 yen per session
*If you are interested and want to join us, please let us know beforehand.
Thank you.
Tomoko Minami

上を向いて歩こう Sukiyaki Song

標準

どうと言うこともありません。秋空が綺麗なので、歩いているときにはつい上ばかり見てるなあ、というだけです。

<このサイトのホームへ。>

It’s no big deal. It is only that I find myself always looking up at the sky, whenever I walk around, as the autumn sky looks very clear and beautiful these days.

Incidentally, the original title of the famous Sukiyaki song goes something like “looking up as I walk (so tears won’t shed)”.

楽しそう! Looks like a lot of fun!

標準

実際に見たことありません。けれども、日本でもすっかり定着した感のあるこのイベントを見てみたいと思います。

<このサイトのホームへ。>

I have never seen this jolly-looking festivity actually. I would like to experience this traditional event in the western world which seems to have firmly established here in Japan.

Huge fun!/

Lining up/

Halloween pumpkins/

Translation and calligraphy by Tomoko

重陽の節句 Double Ninth Festival 

標準

節句の中でも重陽の節句って重要なんですね。ここでは、「旧暦の」という但し書きが必要ですが。

<このサイトのホームへ。>

Among seasonal festivals, the Double Ninth Festival is an important one. Here, 
“According to the old lunar calendar” must be added to the title, though.

可愛いでしょ? How do you like these?

標準

みんながこういうのを気楽に創ってお部屋とかに飾れたらいいな、と思うのですよ。でもその前に、お稽古しないといけないんですけどね。やっぱり、基礎的なことは学ばないと。センスは重要ですが、全くの自己流ではダメと思います。

<このサイトのホームへ。>

Would you like to create things like these and display them in your room, for instance, pretty easily yourselves? If yes, may I advise you to practice first to learn some basics? Feels and tastes are essential, however, your own ways without primary training and knowledge will NOT work.

本物の力 Happy Birthday!

標準

昨日の午後にはウチからあまり遠くないところにある古代ギリシア、ローマの美術品などを主に展示されている個人の美術館に行ってきました。この美術館の紹介はこちらにあります。

裕福な地区の中の豪邸の一部が美術館になっていて、その当主ご夫妻が蒐集されたコレクションを一般に公開されているのですが、何より素晴らしい! と思ったのは、総ての展示物が、専門家の鑑定を経た本物だ、ということで(たった一点、ミロのビーナス像のレプリカがありますが、これ以外は全部本物!)、展示品の質量ともに素晴らしいものです。
古代ギリシャや古代ローマの遺跡から出土された陶器や青銅器の大小さまざまな器や、また像や石棺や建造物の一部などが、4階建てのお金持ちのお家に実にさりげなく、でも、よく工夫された展示の仕方で置かれているのです。
まず、これこそ、本当の裕福でいい家柄の人たちのするべきことだと感じました。つまり、その富と家柄の良さから生じる教養の高さや社会における力などの一般への還元・貢献の仕方だ、と思ったのです。
それから、学生時代に辞書を引き、引きジョン・キーツの「ギリシャの古壷のオード」なんかを読んだなあと、思い出しました。当時は、「ふ〜ん」ぐらいにしか思えなかったのですが、こうやって、美しく、時空を超えて今眼前にある壷を見ると、その本物の力が圧倒的で、なるほど才能に恵まれた人はこれに触発されて創作活動に向かうのだ、と解りました。
そして次に思い出したのは、書の先生のご長女のことばでした。先生の逝去後かなり経ってから、このご長女に3年間ほど師事したことがあり、私はずっとそのまま先生の娘さんに習い続ける、という幸福の中に浸っていたかったのですが、あるとき彼女から、「貴女はもうこの稽古場には来なくていい」と言われてしまいました。そして続けておっしゃったのは、「貴女はここでお稽古しているよりも、自分で何かをやりなさい。それから、『美しい物』を観るようにしなさい、遅過ぎないうちに」ということでした。
また、「貴女はまず個展を開きなさい。親が生きているうちに」と言って、私に2009年初めの個展開催を促してくださったのも彼女でした。
そして今日は、その彼女のお誕生日です。天秤座の彼女は美人です!

<このサイトのホームへ。>

Yesterday afternoon, I went to a private museum located not very far from my house, which is mainly specialized in various unearthed articles from ancient Greece and Rome. This article introduces the museum.

A part of a mansion in an affluent neighborhood is built as a museum displaying the collection by the family head couple. What is most extraordinary about it, I thought, was all the displayed items are genuine with appraisements by specialists. Actually, only one item, a statue of the Venus de Milo is a replica, but except that, all items, namely, various vessels of pottery and bronze in all sizes, statues, stone caskets, parts of ancient buildings that are displayed pretty simply and casually, but in a very elaborate manner, there in the four-storied house of a wealthy family are all authentic.
Seeing all these beautiful items, firstly I thought that this is what must be performed for the benefit of general public by well-off people from good families blessed with high education and culture and powers in society.
The next thing that came to my mind was “Ode on Grecian Urn” by John Keats I read when I was a college student repeatedly checking dictionaries. But at that time, all I thought was “… So what? …” Now, with amazing articles that journeyed beyond time and space right in front of myself, I finally understood that gifted people would turn to creative works inspired by the genuine powerfulness.
Lastly, I remembered about the eldest daughter of my calligraphy teacher and her words. Sometime after my teacher passed away, I practiced with his eldest daughter for about three years. I definitely wanted to be immersed in this easy happiness of practicing under my teacher’s daughter forever, however, one day she declared that I should stop coming and practicing in her school. And she went on to say, “You must do something by yourself instead of practicing here with me. And you should try to see as many beautiful things as possible, before it is too late.”
Also, it was she that urged me to hold a personal exhibition at the beginning of 2009, saying, “You should first have an exhibition, while your parents are still alive.”
And today is her birthday. As a Libra, she is a beautiful lady!

稽古日でした Practice session

標準

仮名も練習しないとね。再々書いてますように不評なんですけど。でも、2ヶ月もすれば年賀状書かないといけない時期になりますし。

<このサイトのホームへ。>

I think we should practice writing small letters, using small brushes, which Yushokai participants generally don’t like as I have written here again and again. However, in about two months you will have to write New Year’s greeting cards.

「人は人と関わったときにだけ・・・」 “People find what their inner and real selves are only when relating with others….”

標準

占星術の石井ゆかりさんの言葉はいつも何かしら心に沁み渡ってきます。彼女の双子座のための来週の週報を書きました。

<このサイトのホームへ。>

Highly evocative words by Ms. Yukari Ishii (in Japanese), an astrologist, always pervades all parts of my mind. I wrote down her words for the Gemini for next week.

今年もご挨拶 Greetings, again

標準

greeting

京都の有名なお寺に、今年も先生の大きな(サイズ・内容の濃さともに)書にご挨拶してきました。
当然のように、変わらず圧倒的な迫力の書だと思いました。
でも、ねぇ・・・この頃は先生の夢を見ることも滅多に無いし、自分でやっときなさい、ということですかね、やっぱり。

<このサイトのホームへ。>

I went to see and greet a great (both in size and richness as a work of art) work by my teacher again to a major temple in Kyoto.
It was only too natural to be overwhelmed by its same vigorous impression as always. But … somehow or other, he seldom appears in my dreams these days, which means, maybe he wants me to be self-supported, I wonder.

稽古日でした Practice session

標準

「秋」をキーワードにして漢詩とか探すとちょっとワンパターン気味な気もしますけどね。

<このサイトのホームへ。>

I somewhat feel the same old kind of motifs and tastes are found when searching the materials for calligraphy with words and phrases such as “autumn” and “ancient Chinese poetry”.

ネットワーキング What I lack now

標準

土曜日の午後には書道塾の先輩が主宰しておられる会の展覧会に行ってきました。会場はなんと(!)大本山随心院という小野小町に所縁の深いお寺さんでした。

さてその書道塾ですが、私は何十年も通っていながら、今交流のあるのは、先生の娘さんやお孫さんたちだけで、この先輩と言う人が唯一連絡先を持っている人です。

折角、京都やその近辺だけでなくて、日本の各所に支部のある大きな組織に所属していたのに、私はその場で人とのネットワーキング作りをしていませんでした・・・というより、私はお弟子仲間では最年少で、他の人たちからは単に、「あの子は若くて先生のお気に入り」という目(好意的な目とそうでない目の両方)で見られているだけの存在で、皆は私を知っているけれども、私は好意的な人たちのそのまたごく一部の人たちしかお名前さえ存じ上げていないのでした。

今、色んな地方の立派な先生方と交流があったら良かったのに、と思います。そうしたら、書に興味のある京都以外の人たちにだっていい先生を紹介出来たのに・・・!

<このサイトのホームへ。>

Last Saturday afternoon, I visited an exhibition of a calligraphy school presided over by one of the senior students at the school I belonged to for decades.

A grand shrine called Daihonzan Zuishin’in (in Japanese) which is deeply connected with Ono no Komachi was chosen as its venue to the visitors’ pleasant surprise!

In spite of the long period of my learning at the school with many branches not only in and around Kyoto but various regions in Japan, interactions with daughters and granddaughters of my teacher and his wife are almost only regular relations I have now from belonging to this large organization. As I hadn’t done any network-building among the other students, or rather, as I was was the youngest student and only regarded by other elder students as “the youngest and teacher’s pet” both amiably and maliciously, this “senior student” is the only person whose contact information I possess at present. How I wish I had interactions with other good teachers in various parts of Japan, so as to introduce them to the people interested in learning calligraphy and living in distant places!

表具屋さんの楽しみ It’s their job, anyway…but

標準

ある方とお話ししていて思い出したのが、私の先生の会の展覧会を請け負った表具屋さんが、「この会の生徒さんたちの作品は個性が溢れていて仕事をしていて面白い。他の会の作品は、どれも先生の字と同じような字で、同じような調子の作品ばかりだ」と言うてはったと聞いたことです。

そのときの会話の主題とは、お稽古ごとではいい先生を選ぶことがどんなに重要か、ということでしたが。
写真は2009年初めの個展で冷ややかな目で見られていた作品、「あなたがここにいて欲しい」。

<このサイトのホームへ。>

A conversation with someone the other day reminded me that I had heard the paperhangers were very happy to do the jobs for the exhibitions of my teacher’s school, saying “Because the works of the students of this school have various, different characters, it’s very interesting to do our jobs. While, the works of the other teachers’ schools are not much different from their teachers’ works, same kind of writing of the letters, same kind of tones of works…”
What we were talking at that time was how essential it is to find a good teacher when you want to learn something.
The photograph shows one of my works that was gathering rather unfavorable, cold stares at my exhibition at the beginning of 2009, “Wish you were here”.

嬉しかったこと Connecting with someone I admire

標準

誰かと心から通じ合えると嬉しいナ、という単純なお話ですが。しかも、以前昔ながらの手紙の郵送とか大好き、と書いておきながら、昨日嬉しかったのは、メールを送信したら返信をもらえた、という実に単純だし、特別のことでもなかったのでしょうけれど、とても、とても嬉しくて、泣いたりもしてたんです。

<このサイトのホームへ。>

What I would like to write here is such a simple story that connecting with someone from the bottom of my heart gave me a profound delight. Although the other day, I wrote I liked mailing in an old-fashioned way, a great joy came to me yesterday when I sent mails and received replies, which even made me cry out of happiness.
The photo shows my little work of a cute nursery rhyme about two goats’ exchanging letters.

稽古日でした Practice session

標準

3週間ぶりだけれども、ずいぶんと久しぶり感があって、稽古場として借りている会議室まで懐かしい感じでした。

<このサイトのホームへ。>

We had a practice session for the first time in three weeks and had some kind of nostalgic feelings even toward the small conference room rented for our practice sessions.

やっと秋空 Finally, beautiful autumn sky

標準

画像画像

台風が過ぎて、二日ほど。ようやく綺麗な秋空が見えます。

<このサイトのホームへ。>

A couple of days after a typhoon passed, we are enjoying a beautiful autumn sky at last.

Across the autumn sky/

Lies a wind path/

Rippling/

(calligraphy and translation by Tomoko)