稽古日でした Practice session

標準

画像

前にも書きましたが、仮名の稽古って参加者からの評判が良くないんですよね。私は好きだけど。

不評の訳を考えたのですが、当然子供たちはひらがなを覚えてから漢字を勉強するので、漢字の方が難しい、という気がするのですが(形の複雑さを思えば確かにそうだけど)、実は、仮名文字って筆でちゃんと書こうとすると難しいんですね。とりわけ若い参加者を見ていると、活字の、しかもゴシック体的な字姿に囚われている場合って結構あるようです。

<このサイトのホームへ。>

I’d like to write here again that the participants at Yushokai generally don’t like practicing kana characters very much. I myself enjoy writing kana works.

And I wondered why others don’t seem to do it willingly. Japanese children usually start learning kanji (Chinese characters) after mastering how to read and write kana characters, which makes people tend to think kanji are more difficult, and that is quite true in terms of complexity in shape. However, trying to write kana properly using a brush skillfully can be more difficult than in case of writing kanji works, which, I think, sometimes make people hate practicing kana. When I observe the participants at Yushokai, I often find young people preoccupied with the idea that the figures of printed letters, especially those of gothic typeface are “good letters”, which, of course, isn’t true in regard to the old style of calligraphy. That, I think, can cause some young people less motivated and confident when writing kana characters.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中