108回目 Happy birthday!

標準

ruby

 

おととい、友人が出品していた絵画展に行ってきました。

そこで、「興味」という物の持つ力について考えたのでした。

湧書会に来てくれる人にも、「経験ない」と言いながらも、すぐに本当にいい線(互いに響き合い、素敵な世界を造り上げるようないい線)を産み出して、実に好ましい作品を創る人がいます。そんな素敵な作品を見ていると、何十年もかかってようやくここまで来ている自分のその何十年という年月は何だったんだろう・・・? と、ちょっと虚しいような気分にさえなります。

そういう人たちは、元々書に興味があるけれども、お道具を買って、定期的にお稽古に通うことを考えると、躊躇してしまう、ということだと思います。私は、そんな人たちにも、一回だけでもいいから、墨を磨って筆を持って、思うままにご自分の宇宙を表現していただきたいと思うのです。

今日、私の先生の108回目のお誕生日に考えたことでした。

<このサイトのホームへ。>

The day before yesterday, I went to a painting exhibition where I thought about the “power” people’s interest can produce, though my purpose of going there was only to see my friend’s works.

Some participants at Yushokai sessions create marvelous pieces after practicing only briefly, saying it is their first time doing that. Those works are made up with attractive lines, that is, reverberant lines assembled to bring forth a really favorable impression.

Looking at those excellent works sometimes makes me feel hollowed out, recalling the decades of years needed for me to be as good as I am today.

Those people who successfully created good works the moment they began, I am positive, have held a pretty strong interest in Japanese calligraphy for long, but yet, they couldn’t dare to take it up, thinking about having to buy various utensils and couldn’t be really sure about attending a school regularly.

My wish is to provide a chance for those people to actually try grinding an inkstick on an inkstone and using a brush and eventually to express their own universe on a sheet of paper even for once.

This is what I thought about today, my teacher’s 108th birthday.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中